ナイチャーハルサー(沖縄移住者農家)モリンガを作る

沖縄へ移住してすぐ、マルシェ(市場)で出会ったモリンガ。
それまで見たことも聞いたこともありませんでした。
興味本位で購入し試すと、ぐっすり眠れるし、便通も快適…その日の内にカラダの様々な変化を体感できました。

そして調べれば調べるほどモリンガの魅力に取り憑かれ、遂には農家にまでなってしまいましたw!

世界中で「神様の贈り物」と呼ばれるモリンガは、インドの伝統医学“アーユルヴェーダ”で、なんと2000年程前から使用されているということが分かっています。
葉の中に、亜鉛・鉄分・カルシウム・ビタミン全般・ポリフェノールを豊富に含み、さらには19種のアミノ酸、なかでもギャバ(rーアミノ酸)を特に豊富に含有しています。
そして、デトックスに最適な、水溶性食物繊維を豊富に含むのも大きな特徴です。
現在の地球上の可食植物の中で、最も栄養が豊富だと言われる所以です。
栽培面でも、CO2の高い吸収率、根茎が土壌や地下水を浄化してくれるなど、素晴らしい効果をもたらしてくれます。
食品添加物や環境汚染といった、化学物質で飽和状態の現代社会の中、健康に生きていけるキーワードは“デトックス”ではないでしょうか。
神様の贈り物“モリンガ”こそが、その役割を担ってくれると信じています。

最初は農業初心者です。手探りで土作りから始めました。
沖縄の台風の洗礼を受け、幾度も失敗を重ねながら、炎天下の元でひたすら雑草を抜き続けました。
その結果、現在、読谷村の自社農場の他、同村にもう一つ圃場を、そして沖縄南部の糸満市にある広大なモリンガ畑と業務提携を結び、完全無農薬、植物由来堆肥、微生物液肥による完全なモリンガを育てることに成功しました。

このようにして手をかけて大事に育てたモリンガは、栄養を極力損なわない低温・長時間乾燥で、タブレット、パウダー、お茶、ドライリーフへと製品加工をしています。

そして、モリンガの種は、アフリカ・モザンビークに住む日本人の友人より、広大な有機農場にて収穫したてのフレッシュな種を送ってもらっています。

沖縄の強い太陽の陽射しと激しいスコールの雨でスクスク育った朝摘みモリンガを、
是非カラダいっぱいに取り入れて下さい。
新しいミズミズしいカラダと健康を手に入れられるはずです。

Free Our Soul
代表 河野泰輔