自社農園


読谷村

残波岬にほど近い場所に位置します。
古いビニールハウス内ですが、ビニールは張っていませんので、ほとんど路地栽培です。
水撒きは潅水ホースで行っています。草刈り機を使うと潅水ホースを傷つけてしまうため、雑草は全て手で抜いています。
乳酸菌の一種である微生物の液肥を葉に散布しています。

読谷村自社農園
読谷村自社農園

ここのモリンガは全てアフリカ・モザンビーク産の種から育成しました。
収穫したモノは全て、当社モリンガドライリーフに製品化されます。
モリンガ畑見学の方々を案内する畑でもあります。

提携農園


読谷村

読谷村提携農園

読谷村役場近くに位置します。
中学校の校長先生がリタイヤ後に始めたモリンガ畑です。
二年目ですが、水捌けの良い土のおかげで、著しい成長を見せています。
今年は200本の苗を新たに投入しました。花も咲き、種の入った鞘もできています。
高台にある為、台風の被害を受けやすいのが問題です。
防風林育成が急務です。

読谷村自社農園

提携農園


糸満市

読谷村自社農園

沖縄南部、糸満に位置するモリンガ農場。
五年目のモリンガが太い樹木に成長している為、台風の影響を殆ど受けません。
雑草刈りや水撒きを殆どしていないので、自然栽培に限りなく近いです。
モリンガ収穫前に、草刈り機で雑草を刈ってからの収穫になります。

この時刈られた雑草と、収穫の時に撒かれたモリンガの幹が、土壌の上で発酵して、とてもいい堆肥になっています。
今後も畑を増やしていき、乾燥工場を建てる計画もしています。

読谷村自社農園